脱毛・除毛のことならココで解決

毛抜きを使って脱毛するデメリット

   

 毛抜きを使って脱毛するメリット・デメリット

手軽にできて、お金もかからないので、やっている人が多い毛抜きを使っての脱毛。
628618
毛抜きを使って脱毛することによるメリットは何よりもお金がかからないこと。
あと、手軽にできること。これしかないのです。

もっとも、これしか・・が大きい人ももちろんいるとは思うのですが、毛抜きを使っての脱毛はデメリットだらけなのです。
では、何がデメリットなのか?

 膨大な時間がかかる

ムダ毛が少ないところの脱毛ならまだいいのでですが、例えば、ワキの脱毛を毛抜きを使ってやるというのであれば、根性があるというより無謀という気がしないでもないです。(もっとも、そんな人はまずいないと思いますが)

何せ1本1本ピンセットで毛を抜いて処理していくのですから、他の自己処理方法と比較しても相当な時間も手間もかかってしまいます。

女性が自己処理で脱毛する時間は人生の中の5ヶ月分とも言われていますが、私的にはもっと時間を費やしている気がします。

 手の届かない部位は脱毛できない

コレは当たり前といえば当たり前のことですよね?
毛抜きで脱毛するのですから、手が届かないところの脱毛ができるはずはありません。

またキレイに抜けないこともあります。

 肌トラブルを引き起こす

毛抜きだと無理やり引っ張って抜いてしまうことも度々あります。
中々抜けない毛だと力が入ってしまうので、余計にそうなってしまいます。

その結果、毛穴が開いたり、鳥肌のようになっったりします。

また、毛がちゃんと抜けずに途中で切れてしまうこともありますが、埋没毛などの肌トラブルを発生させてしまう原因になることが非常に多いです。

 とにかく痛い

毛抜きで毛を抜いていくのですから、とにかく痛いです。
特に、腕や足、デリケートゾーンなど皮膚が敏感な部分は非常に強い痛みを感じます。

痛みに弱い人いだと耐え切れないほどの痛みにを伴う場合もあります。
そうなったら、毛を抜くのを諦めるか歯を食いしばってでも抜くかですが、そこまでして抜くのなら、違う方法を探した方が無難かと思います。

 毛抜き脱毛のデメリットを解消できるのがサロンでの脱毛

080706
別にサロンでなくてもクリニックでもいいのですが、サロンやクリニックでの脱毛なら毛抜きでの脱毛のデメリットはなくなります。

他人(プロ)の手に任せるのですから、その対価(脱毛料金)は必要になりますが、その変わり、肌は傷めませんし、なによりも痛みもほとんどないのが嬉しいところではないでしょうか?
処理にかかる時間も全然違いますし、何より楽です。

 毛抜きを使って脱毛するデメリットのまとめ

毛抜きを使っての脱毛もありだと思います。
どれだけ(どこまで)毛抜きで脱毛するか程度の問題だと思っています。
価値観や考え方の違いもありますしね。

それならあなたは毛抜きでの脱毛をするの?と聞かれそうですが、
私ならやりません。

通える範囲に店舗がありますし、予約もうまく取れていますし。
何より、お肌や毛穴のことを考えたら、自分で手間をかけてまで毛抜きで脱毛しようなんて思えないです。