脱毛・除毛のことならココで解決

日焼けしていると脱毛してもらえない

   

 脱毛するなら日焼けには注意しましょう

日焼けしているから。と言われて脱毛してもらえなかったのですが・・と相談されることがあります。
確かに子供の頃のように真っ黒になるまで日焼けすることは大人になるとありません。日焼け止めも塗りますしね。
503344
でも程度の問題ではなく、日焼けしている・・こと自体が問題なのです。
では、なぜひやけしているとダメなのでしょうか?

理由はいくつかあるのですが、
日焼けした直後の肌は紫外線からのダメージで弱っっています。
覚えはありませんか?
日焼けしたあとに赤くなったのを、ヒリヒリして痛かったことを。
つまりそれだけ肌が弱っているのです。

このような状態で脱毛マシンの光をあてると肌トラブルが発生しやすくなります。
肌が弱い人だとやけどする場合もあるようです。

 日焼けした肌にも反応してしまう

本来、ムダ毛にしか反応しない脱毛マシンの光が日焼けした肌にも過敏に反応してしまい、肌トラブルを起こしやすくなる。
などが脱毛してもらえない理由ですが、これは脱毛前に気をつけたい点でですが、脱毛後にも気をつけたい点でもあります。
肌が弱っているという点では脱毛後も同じだからです。

シミや火傷のもとになるますから、注意しましょう。
若いうちはそれほど気にならないシミも年齢おw重ねることによって、とても目立って気なってきますから、油断していてはダメですよ。

 日焼けしていると脱毛してもらえないのまとめ

脱毛の効果が薄れるのと肌トラブルになりやすいこともあって、日焼けしていると脱毛してもらえません。
薄着になる季節だとみなさん日焼けを意識しますから、日焼け止めを塗ったり、肌の露出を控えたりします。それでも、日焼けしてしまう場合もあります。

外出を控えるのが一番ですが、なかなかそうもいかないのが現状ですから、日焼けしないような工夫をするのだけは忘れないようにしましょう。

油断できないのが冬場です。
肌の露出も減ってきますし、気温も低いので気を抜いてしまいがちなのですが、思っている以上に日差しが強いので、顔や手の脱毛をしている人は特に注意が必要になります。