脱毛・除毛のことならココで解決

脱毛の前日に飲酒はあり?なし?

   

 脱毛委の前日に飲酒は大丈夫?

あたりまえの話ですが、飲酒の習慣がない人には全く関係なく、日常的に飲酒の習慣がある人にとっては大きな問題となるのが、脱毛(施術)前日の飲酒はどうなのか??

答えはダメ、NGです。

理由は体内にアルコールが残っていると血行が良すぎて、脱毛後に赤み・かゆみがあったりすることがあるからです。
また、脱毛の痛み(刺激)も感じやすくなる場合もあります。
f625472c716c15150de096fec55db90c_s

 脱毛の機械の出力を低くすればいいんじゃないの?

機械の出力が強いことが問題になるのなら、出力を弱くすればいいんじゃないの?
ふつう、そう思ってしまいますよね?それが当然のことです。
ですが、残念ながらそうすることによって脱毛の効果が下がってしまうことになるのです。
脱毛の機械の出力は脱毛を効果的に行えるような出力となっています。その出力を下げるということは・・
考えるまでもなくわかりますよね?

ですから脱毛の前日の飲酒は控えるようにしましょう。

 午前中に予約を入れている場合は要注意

特に、午前中に予約を入れている場合は要注意です。
前日の夜遅くまでお酒を飲んでいて、二日酔いだったらもちろん、脱毛は避けなくてはなりませんし、仮にサロンに行ったところで、脱毛(施術)してもらえません。
また、当日に予約をキャンセルするとキャンセル料が発生することもあります。
675203
何よりも、2〜3ヶ月も前に予約していて、当日キャンセルしてしまったら次はいつになるかわからないじゃないですか?

間を開けてしまったら、前回の脱毛の意味も無くなってしまいますし、いいことは何もないので、飲酒は控えるにこしたこはありません。

 2〜3ヶ月に1回、数日のことなので我慢して禁酒しましょう

前述の通り、飲酒していいことなんて何もありません。
あまり意識することはないのですが、実は、脱毛は施術があっという間に終わる分、お肌にはとても刺激があるものなのです。

なにせ、強い光を当てて、毛根を殺しているようなものですからね。
つまり、自覚はなくても肌は火照っている状態だと思っておくとよいでしょう。
肌が火照っているということはとても敏感な状態になっているということです。
感覚的には日焼けしたあとの状態と同じ・・と考えれば想像もしやすいでしょう。

 脱毛の前日に飲酒はあり?なし?のまとめ

ほんと、お酒が好きな人にとっては、禁酒・断酒となるのはつらいことです。
私もお酒は好きです。
そこで考え方を変えてみました。
お酒をとるかツルスベのお肌をとるかです。
お酒は一日我慢すればいいことですが、ツルスベのお肌になるのに必要な日数はとても1日では足りません。
そう考えたら、一日くらい、我慢できるか・・てなって、苦痛でもなくなりましたよ(笑)