脱毛・除毛のことならココで解決

脱毛石鹸ってどういうもの?|脱毛できるの?

      2016/12/28

 最近話題の脱毛石鹸

037
最近話題の脱毛石鹸。
その名の通り、石鹸で脱毛しよう!という斬新な商品であることは間違いないですが、今一つピンとこない人もいるでしょう。
イメージとしては、脱毛クリームとか除毛ローションとの石鹸版と想像してもらえれば、ピンとくるかもしれませんね。

ただ、名前だけ聞いてたところで、脱毛を目的とした石鹸だと思うのだけど、一体どんな商品なのか結局のところよく分からないって疑問ばかりが残ってしまいますね。

 石鹸で脱毛ができる理由

009
ココが一番謎で理由を知りたいところだと思いますが、そもそも石鹸って顔とか身体とかを洗ったりするもの・・というイメージがあるのが普通です。
ところが、最近の石鹸はダイエットに使えたり、食べられたりもします。

なぜ、そんな使い方ができるかというと、その目的に有効な成分を配合しているからです。
脱毛石鹸も同じことが言えて、ムダ毛を抑える(抑毛)と表面に表れた毛を取除く(除毛)に効果的な成分を含んでいるため、そのような使い方ができるのです。

 抑毛と除毛?

050
脱毛じゃないの?となってしまうのですが、ココがポイントです。

 ☆除毛とは
皮膚表面に出た部分の毛を取り去ることです。
簡単に言ってしまえば、日常の処理に使われている方法です。カミソリや電気シェーバーで剃る、毛を分解する成分の入った除毛クリームや除毛ローションを塗って数分置いたら拭き取って洗い流すなどは除毛という行為になります。

除毛クリームや除毛ローションは、技術の発達により毛穴の中に隠れている部分の毛も分解してするりと抜いてしまうタイプや、表面の毛を分解して取り去ったあと別の成分が毛根の働きを止めて毛が生えてこないようにし、結果的に脱毛状態にするものが出回ってきました。
そのため最近ではむだ毛を取り去る化粧品を総称して脱毛剤または脱毛クリームと呼ばれているようですが、正確には除毛剤になります。
技術の発達がかえって紛らわしくしてしまっているのですから皮肉なものですね。

 ☆抑毛とは
イソフラボンなど女性ホルモンに似た成分の作用で、生えてくる毛の周期を遅らせて伸びてくるのを抑える方法です。
お豆腐屋さんの腕がお豆腐に含まれるイソフラボンの影響を受け、白くてむだ毛のないつるつるな肌であることから、抑毛という方法が発見されました。
ただ、抑毛の方法だけでむだ毛のないツルツル肌にするには時間がかかりますから脱毛と併用して行うと短い期間で効果があらわれてきます。

 脱毛石鹸で本当の脱毛ができるわけではない

30acecdf8db8585eab8e8b265afbac55_s
一般的に脱毛石鹸という商品には実のところ、私たちが思っているような、石鹸で脱毛できました!!的な効果がでる訳ではありません。

先ほどの石鹸の成分でもわかるように、ムダ毛の成長を抑える効果がメインとなります。
それでも自己処理の負担が減るのですから脱毛石鹸を使いたくなる気持ちも十分に理解できます。

ですから、その点を踏まえた上で、自己処理の負担を減らすために脱毛石鹸を使う!!ということなら楽ができるので問題はないでしょう。
期待しすぎると、効果がない!!と最初から脱毛できないにも関わらず、勝手に勘違いしてしまいますから、注意が必要です。

 脱毛石鹸で脱毛できるとなると?

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s
もしもの話ですが、その場で毛をなくせる(脱毛)できるような石鹸だと肌は痛み放題、負担は半端ないくらいです。

一度の効果を弱めた石鹸だとしても、例えば、1個使い切る頃には脱毛できてます!!という商品があったとします。
その価格はおそらく何万円、場合によっては何十万円もするでしょう。

サロンやクリニックで脱毛するのとおなじことが効果があるのですから、これくらいの金額になっても不思議ではありません。
では、いくら脱毛の効果があるとはいえ、1個で何万円、何十万円もする石鹸を購入しますか?という話になってきてしまいます。

確かに自宅で脱毛できる・・という点は魅力ではありますが、私ならサロンで脱毛してもらいます。
通える範囲に店舗があるというのが理由ではありますが、肌をキレイにしたいのに、石鹸によって痛めてしまったら意味がないとかんじるからです。

 脱毛石鹸に痛みはあるの?

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s
いくら石鹸とはいうものの、脱毛石鹸です。
当然、痛みはどうなのか気になりますよね?
私の場合は多少はピリピリする程度でした。痛みの感じ方は個人差がありますが、口コミでもそのような書き込みが見られますから、私だけがそう感じているわけではなくて、
やはり無痛というわけにはいかないようです。

私としては除毛クリームの石鹸バージョンだから、それなりの効果は期待できると思って使ってみました。
クリームも石鹸も普段から使い慣れているものですから、抵抗なく試すことができました。
結果は個人差がありますが、除毛、抑毛という捉え方なら十分満足いくものでした。

 脱毛できないのに脱毛石鹸と呼ぶのか?

答えは意外と簡単で、それがどのような商品なのか分かりやすくするため!!
脱毛と抑毛と除毛がはっきりしない扱いをされている(ホントはちゃんと違いがある)ので余計にそうなるのですが、脱毛石鹸とあるとムダ毛を何とかするためのアイテムだとピン!!ときます。
084162
除毛クリームもそうですね。
脱毛クリームと呼ぶ人もいます。私もそう呼ぶ派ですけど・・
ドラッグストアにいってどこにあるか探すときに店員さんに脱毛クリームはどこですか?と聞きます。
相手が分かっている人だと除毛クリームで通じますが、同じ女性でも脱毛に関心がない人だったり、40代以上の人だったりすると、ピンとこない人もいます。
で、面倒なので、ついで買いの時はいつも脱毛クリームって言ってます。

 脱毛石鹸ってどういうもの?|脱毛できるの?のまとめ

脱毛石鹸の価格は3,000円くらいが相場なので、数ある脱毛&除毛グッズの中でもかなり安値。
そのため、ついつい「手軽で安い!」「これで脱毛できるなら便利だよね!」と思いがちですが、脱毛石鹸も一つで3000円位しまいますし、使い続けていかなければいけないのですからトータル的に考えれば決して安くはありません。

ワキだけなら100円~できますし、全身脱毛でも10万円単位の金額が必要になりますが、月々なら1万円程度ですみます。
どこまでを脱毛するかにもよりますが、サロンのが確実に丁寧に脱毛することができますから、コスト面から考えてみてもサロンでの脱毛を選択した方が無難と言えるでしょう。