脱毛・除毛のことならココで解決

除毛剤では脱毛できません

   

 そもそも除毛剤とは?

除毛クリームとか脱毛クリームとか呼ばれているものですが、脱毛クリームは名前に脱毛とついていますが、脱毛の作用はありません。
肌の表面の毛だけで毛根には作用しないので脱毛クリーム = 除毛クリームと言えます。
050
近くの薬局やドラッグストアで手軽に購入できるのも特徴の一つでしょう。
手軽さ故に人気もあるのですが、脱毛クリームを使っていかなけらばならいのがデメリットになります。
ですが、自己処理の負担を減らす・・という点においては除毛剤は最高ののアイテムです。使って損をすることはありませんので、自己処理の負担に悩んでいるのであれば、
迷うことなく、除毛剤を使うことをおススメします。

 除毛と脱毛は違う

実は、脱毛と除毛とでは先にも述べた通り、意味が全然違うのですが割と勘違いしがちです。
字から考えると、あ?なるほどね。となるのですが、かくいう私も一時期勘違いというかごちゃ混ぜにとらえていた時がありました。
どいうことかというと、毛を無くすという行為は同じなのだから同じ意味合いを持つと思っていました。

今考えると恥ずかしい限りですが、当時はホンキでそう思ってました。
知らないということは学ぶきっかけにもなりますが、時として恥をかくことにもなりかねないので、細心の注意が必要ですね。
4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s
 ◆脱毛とは
 毛を毛根から根こそぎ取り去ることです。
代表的な方法がワックスや脱毛機、毛抜きで抜く方法です。その他、ストレスで抜けてしまうのも脱毛と言います。
この方法は生えている毛を引っ張って抜き取るため、個人差がありますが痛みを伴います。
クリニックで行うレーザーや、家庭用の脱毛機でもレーザー機能のあるものは毛根にダメージを与え次のむだ毛が生えてこないようにしていくものです。

 ◆除毛とは
皮膚表面に出た部分の毛を取り去ることを指します。
代表的な方法は、毛を分解する成分の入った除毛クリームや除毛ローションを塗って数分置いたら拭き取って洗い流す方法やカミソリ・シェーバーで剃る方法です。
除毛クリームや除毛ローションは、技術の発達により毛穴の中に隠れている部分の毛も分解してするりと抜いてしまうタイプや、表面の毛を分解して取り去ったあと別の成分が毛根の働きを止めて毛が生えてこないようにし、結果的に脱毛状態にするものが出回ってきました。

そのため最近ではむだ毛を取り去る化粧品を総称して脱毛剤または脱毛クリームと呼ばれているようですが、正確には除毛剤になります。
そして、除毛剤では脱毛することはできないのです。

 人気の除毛剤

今、一番売れている除毛クリームは ヴィート(Veet) バスタイム 除毛クリーム 敏感肌用 150g です。
価格も1000円程度とお手頃ですし、世界NO1シェアを誇る除毛ブランドということもあって人気があるようです。

じゃ、私もヴィート(Veet)買う!!となりがちですが、除毛剤を購入する際にはいくつかの注意点があります。
027
 ◆肌のタイプに合わせて選ぶ
 除毛クリームはムダ毛と同じくタンパク質である肌にもダメージを与える為、肌が弱い方は刺激の少ない敏感肌用をお勧めします。
除毛クリームを購入する際には使用されている成分も合わせてチェックし、抗炎症成分・抗菌成分・美肌成分などが入っている製品であるとよりよいかと思います。

 ◆ムダ毛のタイプに合わせて選ぶ
 同じ商品を使用してもムダ毛の量が多い人・毛が太い人は、ムダ毛の少ない人・毛の細い人に比べて効果を感じにくい場合があります。
まぁ、これは当然と言えば、当然のことなのですが・・
ムダ毛の量や質が気になる方は、剛毛・ムダ毛の量が多い人用の商品か、もしくは男性用の商品を選ぶ方が満足度は高いでしょう。

 ◆対応部位に合わせて選ぶ
上述の通り、除毛クリームは少なからず肌へダメージを与えます。よく効く薬は副作用が強い・・というのと同じことですね。
全ての製品が体のどこにでも使えるわけではなく、デリケートゾーンや顔、脇といった部位は対応できる商品が限られています。
対応していない商品をムダ毛を処理したい部位に使用した場合、痛みやかゆみ、炎症などの原因となることがありますので絶対にやめましょう。

 ◆塗布時間で選ぶ
塗布時間は短くて1分、長くて15分以上とかなり差があります。広範囲を脱毛したい時は塗布時間も気になるところです。
またバスタイムでの使用時も効果が落ちないように、水に流れにくい成分などを配合している商品も出ています。バスタイムでの利用を想定している人はこういったタイプの商品がいいでしょう。

 ◆価格で選ぶ
1000~3000円の商品が主流となっていますが、広範囲のムダ毛を処理するとなれば1本1000円のものを購入するか3000円のものを購入するかによって、除毛にかかる総額に差が出ます。
たとえ、「除毛クリーム」を使用したとしても脱毛でない以上、ムダ毛は生えてきます。ですから、継続的に利用できる値段であるというのもチェックポイントです。

 ◆購入方法で選ぶ
インターネットで販売されている除毛クリームは、効果がない場合に支払金額が返ってくる返金保証制度を設けている商品もあります。この返金保証制度があると安心して購入できますね。
また、市販されていない除毛クリームもあって、除毛効果を求めてインターネットで除毛クリームを購入する人も多いようです。
ただ、除毛クリームがキレていたり、急ぎで除毛しなければいけないといった場合には、ドラッグストアやスーパーなどで購入できる商品が便利ですよね。
ご自身の除毛クリームの利用頻度などに応じて購入方法を選びましょう。

 除毛剤で脱毛は無理!!

つまりクリームなどの除毛剤ではその性質上、脱毛することはできません。
除毛剤の作用は肌表面の毛を溶かして、次に生えてくるまでの時間を長くするというものです。
それだけに使用中に肌がヒリヒリしたりするという肌トラブルが起きる可能性のある商品なのです。
30acecdf8db8585eab8e8b265afbac55_s
もし、除毛剤を使って脱毛することを考えているのなら、望むような結果を得ることはできません。
絶対に!!と断言してもいいくらいです。
ですから、除毛剤を使うという意味のない行為は止めて、自分に合った脱毛方法を探すようにしましょう。

 除毛剤では脱毛できませんのまとめ

除毛クリームを脱毛クリームとして販売されていることもあって、除毛と脱毛はホント勘違いしやすいです。
かくいう、私自身も普段は脱毛クリームと呼んでいるくらいです。
ですが、あくまでも、除毛するためのものとしてのアイテムとしてインターネットで購入した除毛クリームを使っています。

もしかすると、脱毛クリームという商品名であるがために、脱毛できると勘違いしている人もいるかもしれません。
ですが、先述の通り、脱毛することはできません。
くどいですが、除毛と脱毛は違います。
除毛クリームはあくまでも除毛するためのものとして商品を購入するようにしましょう。