脱毛・除毛のことならココで解決

脱毛経験者にも人気のある産毛(うぶ毛)の脱毛

      2017/02/17

 脱毛経験者にも人気のある産毛(うぶ毛)の脱毛

628618
ムダ毛の気になるところの脱毛が終わったんだからもういいんじゃないの?って思う人も当然多いのですが、
1か所脱毛が終わると他のところも気になる人もまた多いのです。

そんなことから、産毛(うぶ毛)の脱毛はまだ脱毛していない人よりも脱毛が終わった人に人気があるのです。

 産毛(うぶ毛)に脱毛は効果あるの?

 
産毛(うぶ毛)を脱毛して果たして効果あるのだろうか?
そう思ってしまう人が多いことから、産毛(うぶ毛)を脱毛する人が決して多くはないのもまた事実です。

ですが、脱毛するからにはメリット・デメリットはあるにしても脱毛の効果は期待できます。

 産毛(うぶ毛)も結構見られてる・・

 
113400
脱毛というとワキやひざ下、ひじ下など、太くて濃い毛(ムダ毛)が気になりがちですが、実は産毛(うぶ毛)も目立たないようでけっこう目立っているんです。

顔の産毛(うぶ毛)や手の指など、細くて薄い産毛(うぶ毛)でも、結構人には見られていたりするんです・・!
こういうところで、おしゃれやちょっとしたことに気を使う人かどうかも見られたりもします。
人って目ざとい生き物ですから、自分のことは気にならなくても、他人のことはホント気になるものです。
単に、自分と比較しているだけかもしれませんけどね(笑)

その他にも、産毛(うぶ毛)は全身に生えていますから、胸やおなか、背中やおしりなど水着を着る時など気になる事もあります。

 産毛(うぶ毛)を自己処理すると濃くなる?

よく「産毛(うぶ毛)は剃ったら濃くなるから剃らない方が良い」と言います。

そんなの迷信でしょ?って思ってはいますが、確かに足や腕の毛は長年剃り続けると毛が太く、濃く見えてしまいます。
ですが、医学的にもそんなことはないそうで、毛が途中でカットされて太くなったように見えるだけとのことですが、
自己処理を繰り返すことによって、肌を痛めつけてしまうということに間違いはありません。

 サロンやクリニックの脱毛は産毛(うぶ毛)をに効果ある?

 
剃るのが良くないとしたら、サロンでの脱毛はどうなのでしょうか?
084162
サロンの脱毛の器械では、「脱毛サロンは産毛(うぶ毛)には効かない」という話もたまに聞きます。

確かにサロンの光脱毛や、クリニックのレーザー脱毛は、毛の黒い色に反応する仕組みなので、色素が薄いは産毛(うぶ毛)には反応しにくいです。
これは器械の性質上、仕方ないことなのです。

ということはサロンやクリニックでの産毛(うぶ毛)の脱毛は効果がないの?って思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
確かに、効果は出にくいですが、そういった対応をしているサロンもありますので、そこで脱毛するといでしょう。

 産毛(うぶ毛)を脱毛するメリット

 
080706
産毛(うぶ毛)は肌を痛めてしまうから、なるべく剃らないほうが良いと言っても、そのままにはしておきたくないものです。
それなら、脱毛すればいいんじゃないの?って思う人も当然いますよね?

では、産毛(うぶ毛)を脱毛するとどんなメリットがあるのでしょうか。

 顔色が明るく見える

産毛が生えている時と産毛を処理した時とでは、顔色に差が出ます。産毛が生えていると、肌がくすんだ印象になり、トーンも暗く見えます。
その為、疲れて見えたり、老けて見えたりする原因となります。産毛を処理すると顔色が明るく見え、若々しい印象になります。

 肌がキレイに見える

肌が綺麗に見える産毛がないと肌に光が反射しやすくなります。お肌が光を反射すると、毛穴や肌の荒が見えにくくなります。
その為、産毛がある時よりも、肌がキレイに見えやすくなります。これは、顔だけでなく、背中や二の腕など他の肌でも同様の事が言えます。
ムダ毛がなくなることで雑菌が繁殖しにくくなり、背中などのニキビが改善することも。

 毛穴が小さくなる

毛が抜ける毛は、毛穴の中から生えています。毛穴から生えている毛が太いと、その大きさより毛穴は小さくなれません。
逆に毛穴から生えている毛がないと、毛穴は小さくなっていきます。(毛穴自体が無くなる訳ではありません。)

 メイクのノリが良くなる

最近は男性でもメイク(ファンデーションなど肌を綺麗に見せるもの)を行っている方もいます。
その場合、顔の産毛がないとメイクが皮膚にしっかりと密着して、より自然に、メイク崩れし難いメイクが出来ます。

 産毛(うぶ毛)を脱毛するデメリット

 
産毛(うぶ毛)を脱毛するにしても、メリットばかりではありません。
デメリットもしっかりとあります。
661146
産毛(うぶ毛)の脱毛の場合、通常にの脱毛と違って回数が必要になります。また通常の脱毛より痛いと言われています。

理由は毛の太さが違うから。
同じように処理していても、毛の太さが違うから脱毛の効果に差がでる。(通常のムダ毛の処理の場合は該当しない)

つまり、一度の施術で脱毛できる産毛(うぶ毛)と脱毛できない産毛(うぶ毛)ができてしまうのです。

毛は細ければ細いほど、生えるスピードが遅い傾向にあります。
毛が生えては抜ける事を繰り返すサイクルを毛周期と言いますが、脱毛は毛周期に合わせて行っていきます。
産毛(うぶ毛)は、それぞれ太さが違いまから、それぞれ伸びるスピードが変わってしまうのが特徴です。
太めの産毛の毛周期に合わせて脱毛を行うと、細めの産毛が生えそろう前に脱毛を行う事になります。
また逆に細めの産毛に合わせて脱毛を行うと、太めの産毛が退行期(表面上は毛が生えている様に見えるが、実はもう毛根がお休みしている毛。脱毛しても効果がない毛です。)や休止期に入ってしまう場合もあります。
その為、太さが生えそろっている毛よりも回数が必要になってしまうのです。

 脱毛経験者にも人気のある産毛(うぶ毛)の脱毛のまとめ

 
産毛(うぶ毛)の脱毛は脱毛経験者だけでなく、脱毛を経験したことのない人にとっても関心があるところです。

そのわりに脱毛が終わるまでに回数がかかる、効果の期待度が低い、痛いというデメリットもあります。
ただ、産毛(うぶ毛)の脱毛に力を入れているサロンもあって、脱毛効果を高く、痛みを少なくというところもありますので、そういところを探せばデメリットもなくなることでしょう。