脱毛・除毛のことならココで解決

脱毛クリームで脱毛|サロンを使わない選択

      2016/12/12

カミソリなど自己処理するのはダメなのか?

肌質もありますので、個人差があるかとは思いますが、肌が荒れる、ブツブツが・・、剃った後が赤くなって・・などの理由からお手軽だけどカミソリでの自己処理はチョット・・という人もそれなりにいます。
また、カミソリの処理だとすぐ生えてくるしチクチクして嫌なんだけど、脱毛サロンに通うまでもないいし、お手軽なものはないんだろうか?と違う方法を探している人もいます。9004397c117179c398c9a78bdfd83217_s

そんな中で脱毛クリームってどうなんだろう?良いものないかなぁ?って気になっている人もたくさんいます。最近は女性だけでなく男性でも剛毛を気にする方が増え、脱毛クリームの需要が高まってきています。

 脱毛クリームをどこで購入するか

薬局で購入できる脱毛クリームも当然ありますが、多くの人がインターネット通販で脱毛クリーム購入されているようです。083523
実際には薬局で購入する脱毛クリームは全体的に効果が弱く、多少高価であっても効果が期待できる通販の商品が求められているようです。
購入する際の注意点として、保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。理由は毛はそもそも肌を乾燥から守るための保湿の役割を担っている部分があるからです。
毛(ムダ毛)を処理することによって、今までのように、肌を守ってくれなくなるため、乾燥しやすくなります。そのためにも保湿成分が配合されている脱毛クリームが必要となるのです。

おススメの脱毛クリーム

男性と女性とではおススメとなる脱毛クリームは違ってきます。ココでは男性に関してはあえて触れないことにします。
4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s
☆ パイナップル豆乳除毛クリーム(医薬部外品)
価格:2808円(税込) 30日以内の全額返金保証付
香りはなし、ほぼ無臭
顔やデリケートゾーンへの使用は不可です
ぬりやすいスパチュラ付きというのがありがたいところです。

☆EpiSara(エピサラ)
価格:2980円(税込) WEB限定価格
ほのかなラベンダーの香り
顔やデリケートゾーンへの使用は不可です、ワキにも使えないのが残念なところです
3本セットなら送料も無料でさらにお買い得な価格に

おススメしている順番や商品は個人的な感想からのもです。決して優れているとかではありません。
例えどのような商品であってもそれがあなたに合うのであれば、それが最高の商品になります。
安価と言えば安価ですが、決してお安くはない脱毛クリーム、商品によっては返金保証がついているものもありますので、いろいろと試してみて自分に合うものを探してみるのもよいのではないでしょうか。
また、男女兼用の脱毛クリームもありますし、肌が強い・剛毛という人なら男性用の脱毛クリームを使ってみるのもよいかもしれませんね。

 脱毛クリームのメリット

では実際に脱毛クリームを購入して使うとなると気になるのが、メリットとデメリット。
503344
◆塗って待てば良いので簡単
待ち時間がある(ちょっとしたデメリットでもあります)ので合計時間としてはカミソリと変わらない(もしくは長い)かもしれませんが、
クリームを広げて5~10分待って洗い流す(or拭き取る)だけなので気持ち的に楽です。何よりも自分でやらなくてもいい(脱毛クリームは塗らなければなりませんが・・)ので
面倒くさがりやさんには最適なアイテムとなります。

また、広範囲の処理をしたい時などは特におすすめですし、特に男性の場合、剛毛だとカミソリの刀がすぐ絡まってしまうというイライラもありません。

 ◆カミソリより処理回数が少なくすむ
脱毛クリームを使うことの大催のメリットはコレであると私個人としては感じています。
カミソリも除毛クリームも、肌の表面の毛だけを取り除くことに違いはありませんが、毛を溶かす除毛クリームの方が、カミソリよりもより深く毛を溶かして取り除くことができます。
そのため次に毛が生えてくるスピードも少し遅くなるので、処理の頻度を減らすことができます。
何よりもカミソリ負けすることもありませんし、肌を傷つけることもありませんので、安心して自己処理できるのが嬉しい点ですね。

 ◆チクチクしにくい
カミソリなどを使って自己処理すると、剃り口の毛が太く角ばってしまうので、毛の成長と共にチクチクすることがあります。
これは個人差がありますので、人によってはチクチクを感じない人もいるでしょう。
一方で、脱毛クリームの場合、毛先が丸みをおびているのでチクチクしにくいのが特徴です。

 脱毛クリームのデメリット

では、デメリットですが、
30acecdf8db8585eab8e8b265afbac55_s
 ◆脱毛クリームという名前でも脱毛できない
 くどいようですが、ココが一番大切なポイント、注意して欲しいところです。脱毛クリームと言う名前がついていますが、実は脱毛できません。
毛の先を溶かしてはくれるのですが、毛をなくしてくれはしません。
脱毛したくて脱毛クリームを購入したけど、脱毛できなかった・・としている人はココを勘違いしている人が多いです。

 ◆永続性はない
脱毛サロンでの脱毛と違って、脱毛クリームはあくまで表面の毛を溶かしているだけなので、ある程度続ければ毛の処理をしなくて済む、というようなことはありません。
そもそも、脱毛クリームは自己処理を少しでも楽に、きれいにしたい方向けです。
この先むだ毛処理とはお別れしたいという方には向いていませんので、そういった方は医療脱毛や脱毛サロン、または自宅でできる家庭用脱毛器の利用を検討することをおススメします。

 ◆顔、デリケートゾーンには使えない
顔のムダ毛を気にする人はそれほど多くはないかと思いますが、ほとんどの商品が、使うことができません。
また、割と気になるデリケートゾーンですが、こちらもつかうことができません。使っているよ・・・なんって人がいますが、推奨されていないので、あくまで自己責任となりますのでご注意ください。

 ◆臭いが気になる
以前に比べるとかなりましになりましたが、人によって、あるいは商品によっては臭いが気になる場合があります。
脱毛クリーム独特のものだから・・・と楽するためだから仕方ないと諦めてしまっている人も中にはいるようです。
個人差はありますが、臭いが気になって仕方ないという場合は、香り付きの商品を探してみるのも一つの方法です。

 脱毛クリーム・抑毛クリームとの違い

似たような名前でややこしいですし、勘違いしやすいのですが、
まず、
050
◆脱毛クリームは除毛クリームと同じ
ココでは脱毛クリームとしていますが、薬局などで除毛クリームとがが売られていたりします。基本的に、この2つの商品には違いはないと言えます。
ですから、脱毛クリームと言わずに除毛クリームと言う人もけっこういます。

ただ、脱毛と除毛の言葉の意味は全く違っています。
脱毛とは、毛を毛根から処理していくことを指していて、クリームでは毛の先を溶かすので、脱毛クリームは除毛クリームという表現の方が正しいと考えられます。
もちろん、脱毛クリームという表現が決して間違っているわけではありません。なにせネットで「脱毛クリーム」で検索すると検索できるのですから、私としては、相手に通じるなら
間違いではない!!と勝手に思っていたりします。

◆抑毛クリームと除毛クリームとは別物
似たような名前に抑毛クリームというものがあります。
これは脱毛クリーム = 除毛クリーム とは違って、全くの別物となります。

抑毛とは、読んでそのまま、毛の再生を抑えるという意味です。
ですから、抑毛クリーム(ローションの場合が多い)は毛を処理するものではなく、自己処理した後に使用して、次の毛が生えてくるスピードを遅らせるものになります。

脱毛クリームで脱毛|サロンを使わない選択?のまとめ

カミソリなどを使って自己処理すると跡(あと)が・・・なんて人は少なからずいます。
かと言って、脱毛サロンに通って脱毛するまでもない人にとって、ムダ毛の処理方法の一つに脱毛クリームがあげられるのですが、脱毛と違って、毛根から処理するのではないので、
ムダ毛は生え続けます。その処理を楽にするのが脱毛クリームなのです。ですから当然、脱毛クリームを使って永続的な脱毛を希望してはいけません。もし、永続的な脱毛を希望していいるのであれば、
脱毛クリームを使うことを諦めて、サロンやクリニックなどで脱毛することをおススメしますが、もし、永久脱毛を望むならサロンではできませんのでクリニックで脱毛するようにしましょう。
ですが、カミソリなどを使って自己処理することを考えれば、ずっと楽ですし、肌に与える負担も少なく済みます。