脱毛・除毛のことならココで解決

脇を自宅で脱毛|自宅脱毛のメリット・デメリット

   

脱毛 と言えば脇と言われるくらいです

女性がムダ毛の処理に一番困るところ、それが脇です。
もちろん、体毛の濃い・薄いの違いはありますが、脇程気になるところはないようですね。
9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s
脱毛も自分でする人、サロン・クリニックでする人がいます。最近ではサロン・クリニックでも脇の脱毛には力を入れていて、お値打ちにできるようになってきました。
脇の脱毛を体験してもらって、他の部位の脱毛もしてもらう。そんな狙いのようです。

さすがに、何もせずに放置・・・なんて人がココを訪れているわけはないと思いますが、夏でも長袖、脇を人に見せることがないという人はこの選択もありでしょう。

自宅で簡単に脇を脱毛するならやっぱり家庭用脱毛器

◆カミソリ
自宅で簡単に脱毛というと、日ごろから使い慣れているカミソリを使う人が多いようです。
短時間で済んで、手軽だというのがメリットです。
ですが、カミソリでの処理は肌にダメージを与えてしまいます。
カミソリ負けして、ヒリヒリしたりする事もありますし、痒くなったり赤く腫れてしまったり、カサカサに乾燥してしまったりして悩まされてしまう事もあります。
色素沈着し、黒ずんでしまって悩んでいる方もいらっしゃるはずです。
このようなことから、できればカミソリは使わないようにした方がいいと言われています。

◆電気シェーバーdf179da05960dac5f31effa62e7585cb_s
シェーバーはカバーが付いているので、直接肌にあたるわけではありませんので、、肌に優しく安全性が高いからオススメとなっているんですが、
長い毛は処理出来ないということや、剃った後にブツブツした毛が残ってしまう、仕上がりがキレイじゃないというデメリットもあります。
脇毛が薄い方はこれで充分処理できます、ですが、毛が濃い方はシェーバーだけでは厳しいのが現状です。

◆家庭用脱毛器
電気シェーバーだけでは処理が難しい、デメリットが気になるという人には家庭用脱毛器がおススメです。
手軽さもあり、肌に優しく仕上がりがキレイというのがその理由です。
ですが、当然家庭用脱毛器が必要となり、その価格は安くなったとはいえ、まだまだ高価です。

自宅で脇を脱毛することが前提となっていますが、脇だけの脱毛ならサロン・クリニックでも安く脱毛できるところが増えてきています。
どの方法もメリット・デメリットがあります。どれが正しいということはありません。自分に合っていると思われる方法で脇を脱毛しましょう。

家庭用脱毛器の人気機種

いろいろな意見や考え方もあるかとは思いますが、ランキングサイトや口コミから判断した人気機種です
価格に関しては、変動もありますし、キャンペーンなどで安くなる場合もありますので、目安として参考までに
cf97df2d1189268261274748791fe0f9_s
○ケノン 価格7万円程度
ランキングサイトを見ても、圧倒的に人気があるのがケノンです。口コミ数も多いですし、利用者が多い・・というのは安心できますから、購入に踏み切りやすいのでしょう。
価格もそれなりに高価なのですが、その分脱毛の効果も期待していいようです。
しかも、1度にかかる脱毛コストが圧倒的に安く、美顔器としても使えるのが魅力のようです

○トリア4X 価格5万円程度
トリアは家庭用脱毛器では唯一のレーザー脱毛器です。
トリアのデメリットはレーザー脱毛ならではの痛みと照射範囲が狭いため全身脱毛には向かず、部分脱毛向けということです。
つまり、痛みにはそれなりに耐えることができて、全身の脱毛を必要としていない人にはうってつけの商品だと言えます。
あと人によって感じ方は違いますがそれなりに重いです。

もちろん、他にも人気機種はあります。
価格面やコスト面も見方も違いますし、どれだけの脱毛をするのか(全身か部位か)でも必要となる脱毛器は異なります。
もちろん、どの家庭用脱毛器が良くて、どれがダメとかはないです。服のように試着してから買うということはできませんが、どのようなものか見ることは近くの家電量販店でできると思います。
パンフレットをもらって比較・検討してみるのもひとつの手ではないでしょうか?
個人的な意見だと、全身脱毛ならケノンを部分脱毛ならトリアをおススメします。

自宅で脇を脱毛するメリット

◆他人に脇を見られない
脇の脱毛を自宅でするメリットはなんといっても自分の脇を他人に見せる(見られる)必要がないこと!!
やっぱり、自分の脇を他人に見せるというのは恥ずかしいですからね。
009
◆時間をきにする必要がない
時間を気にすることなく、自分の都合で脱毛できることです。
サロンやクリニックの予約に合わせる時間が必要ないというのは忙しくて時間の都合がなかなかつかない人にとってはホントありがたいポイントです。

◆カミソリなどを使うので費用が安く済む
家庭用脱毛器を使わないのであれば、ホントかかる費用は少なくて済みます。
もっとも、それぞれの器具を使うことによるデメリットも当然あるのですが・・・

自宅で脇を脱毛するデメリット

自宅での脱毛の最大のデメリットと言えば、永久脱毛できないことでなないでしょうか?
なぜなら、家庭用脱毛器では永久脱毛することはできないからです。
もっとも、誰しも永久脱毛を希望しているわけではありません。むしろ関係のない人の方が多いでしょう。30acecdf8db8585eab8e8b265afbac55_s

永久脱毛できない理由は日本の医師法(17条を補完する厚労省105号通知)で、永久脱毛は医師免許を持った医師(看護師も含む)が医療機関でのみが行えるとしているからです。

つまり、家庭用脱毛器はもちろんですが、脱毛エステでも永久脱毛する事は出来ません。
(エステで永久脱毛が出来ると言っている方がいますが、それは誇大宣伝で嘘です。絶対に信用しないで下さい。)

永久脱毛というと一生毛が生えてこない事をイメージするのが普通ですが、実は、脱毛が完了してから、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であることが永久脱毛の定義とされています。

実際に永久脱毛の定義を決めたアメリカのFDA(食品医療品局)は、永久脱毛は永続的な毛の減少で、永続的な除毛ではないと言っています。
つまり、完全に毛が生えないことが永久脱毛ではないということです。
そして永久脱毛が出来るのは、医療脱毛のみで、それは前述したように法律にも定められています。

あと、これは分かりきっていることですが、自分で脱毛しなければならいないこと
まぁ、これをデメリットと感じている人は最初から自宅で自分で脱毛しようなどと考えずに、サロンやクリニックで脱毛してもらうことをおススメします。
特に、脇はお値打ちに脱毛できるところが多いですから判断に迷うところかもしれませんね。

脇を自宅で脱毛|自宅脱毛のメリット・デメリットのまとめ

女性にとって、脇は普段は目立たないけど、もっとも脱毛したいところです。
脱毛する手段は人それぞれです。自己処理であったり、サロン・クリニックでの脱毛だったりします。方法はなんであれ、やはりメリット・デメリットはあります。
それは時間的なものであったり、金額的なものであったりします。どの手段を選ぶかはその人それぞれの事情によるところが大きいかと思います。
逆に選択の余地がなくて、その方法を選ぶしかない場合ももちろんあるでしょう。
どの方法を選ぶのであれ、脇のムダ毛は女性にとってなんとかしたいものに変わりはありません。

手間さえ惜しまなければ、自宅で脇を脱毛することはいいことだと感じています。
ですが、カミソリなどを使った脱毛だけは後から後悔することになりかねないのでおススメできません。可能であれば、家庭用脱毛器を使って脱毛するようにしましょう。